未分類

スポンサーリンク
カップラーメン

ザ・ジャンクフード!【レビュー】MARUCHAN QTTA サワークリームオニオン味 [東洋水産]

今回ご紹介するのはコチラ! MARUCHAN QTTA サワークリームオニオン味 イエーイ!マルちゃんがダウンタウンの松本人志をCMに起用し押し出してきている「QTTA」の新ラインナップ!...
カップラーメン

6つも角があれば丸くなるわな【レビュー】銘店紀行 横浜ラーメン 六角家[セブンプレミアム ]

セブンプレミアムの「銘店紀行」シリーズ 前回は「博多だるま」をご紹介させていただいたが・・ 今回は横浜! 銘店紀行 横浜ラーメン 六角家 元祖家系ラーメン「吉野家」からの暖簾分けし...
カップラーメン

低糖質で中満足!【レビュー】ファミマでライザップ スパイシー カレーラーメン[明星食品]

前回ご紹介したコチラでライザップコラボ商品にすっかり心奪われたワタシことジャンクフードボーイ。 今回ご紹介するのはコチラ! ファミマでライザップ スパイシー カレーラーメン ワタシ個...
カップラーメン

低糖質ダイエッターを強力サポート【レビュー】ファミマでライザップ 濃厚味噌ラーメン[明星食品]

ヴィ・・!ヴィ・・! ヴィ・・!ヴィ・・! パーパーパラッパパーパーパラッパパーパーパラッパパーパーパラッパ! で、おなじみのライザップ。文字でメロディ起こすとわけわかんない感じになっちゃうが、わかる諸兄は脳内...
カップラーメン

博多っ子純情系カップラーメン【レビュー】セブンプレミアム 銘店紀行 博多だるま[セブンプレミアム]

まだたどり着けぬ憧れの地、博多。知人が言っていた「酒飲みに優しい」というのもあるし、なんせ女性が美人だらけ、そして食い物がウマイというウワサがワタシの脳内を加速させる。 いまやシガラミだらけの我が身。いつかまた人生の落とし穴に...
カップラーメン

平昌の空に【レビュー】カップヌードル 旨辛チーズスンドゥブ味[日清食品]

ス〜ン〜ドゥ〜ブ〜〜〜  こんな風に伸ばして言うとグッとオカマちゃん度が上がっちゃうよね。まあなんの言葉でもそれっぽくはなるんだけどなんとなく「スンドゥブ」は伸ばして脳内でオカマ感出しちゃうワタシことジャンクフードボーイ。今回のお相手はコ...
カップラーメン

あえて品格を問う【レビュー】ラーメン横綱[東洋水産]

横綱・・・言うまでもなく日本の国技の頂点であるが、なんだが昨今はダーティーなイメージも?実際のところはワカランけどワタシどもアラフォー世代から見た貴花田、もとい貴乃花親方はまあいろいろあっただろうけどご立派になられたなあという印象。渋谷も地...
カップラーメン

あれっ!・・?知ってるこの感じ!【レビュー】トリカライヌードル 辛口鶏白湯味[エースコック]

あけおめ〜! なんつー言葉ももはや若者言葉でも何でもなく完全に我々アラフォー世代のカルチャー。若い世代はいったいどんな言葉を使っていることやら。私の個人的な印象で言うと4文字にして略す(「キムタク」など)のが我々氷河期...
カップラーメン

【レビュー】ベジソバ “優しさにつつまれたソバ”[サッポロ一番]

だいぶん前になりますが、こちらでご紹介させていただいた「ソラノイロ」さんの「ベジソバ」。 今回は平たいサイズのご提供。前回のものはオリジナリティを持った志高い逸品に思えたが果たして時を経てどう進化したのか・・・...
映画レビュー

【映画レビュー】地続きに繋がるメッセージ「この世界の片隅に」

2016年は邦画当たり年であったとか。「シン・ゴジラ」「君の名は」は見させていただいたがずっと取りこぼしていた気がかりが一つ あらすじ 1944年(昭和19年)2月、絵を描くことが得意な少女浦野すずは、広島市江波から呉の北條...
スポンサーリンク