この国の豊かさ[レビュー]あずき練乳氷【セブンプレミアム】

ご協力お願いいたします!

晩酌をしない夜はなんとなく甘いモノを食べてしまう醜く卑しい私。いくら運動しても目方が減らないのは自明であり、こちらにおわすのは「あずき」+「練乳」+「氷」とまあ夏の夜にはピッタリのブツでありまして・・・ P7220199

ベリベリっとご開帳。真ん中部分にあずきちゃん。周りには練乳氷ちゃんが鎮座しており、そのお姿はさしずめ「ウォッチメン」の“ロールシャッハ”のよう・・・

P7220200

全く意味の分からない例え非常に失敬。まあついでと紹介するのもなんですがアメリカンコミック「ウォッチメン」は私などが言うまでもない大傑作であり、「300(スリーハンドレッド)」などで著名なザック・スナイダー監督で映画化もされている。

ここで注意なのがコチラの映画、絶対に原作コミックを読まずに見てはならないということ。

ハッキリ言って全然意味わかんないと思うのである。あくまでコミックの補足のようなこの映画、物語のスケールを2時間で収めるのは不可能であり、あくまでコミックを読み込んだ人間が「お〜〜動いちょる動いちょる」と動画になったキャラクターを愛でるという作品であり、単体では成立していない(と私は考える)のでご注意を。

突然なんの話しとるんじゃいとお怒りの諸兄、ゴモットモ。申し訳ない。早速いただきまーす。

P7220204

シャックリ・・・

P7220206

シャクシャク・・

P7220208

シャクシャクシャク・・・

P7220209

はぁ・・・・〜〜〜〜

あずき練乳氷
  • 128円(税込138円)
  • 販売地域全国
練乳入りのふんわりしたかき氷の上に、練乳と粒あんをのせました。粒あんは2種類の糖分と少量の塩で、深い味わいに仕上げました。熟成した練乳がコクを引き立てます。

(HPより抜粋)

なるほど〜・・・・粒あんの中の塩のおかげか、まったりとした濃厚な甘さ・・・口のなかでローーーングなサスティーーーーンを奏でる粘り強い甘みを爽やかに洗い流すような練乳の甘み・・・

ご飯とおかずの関係のように粒あんと絡めた練乳・・・からの練乳だけのサッパリ味・・・交互に繰り返される甘さの迷宮。絡みあう2つの甘さがお互いを高め合いゆっくりとそして淫らに上り詰めて行くかのよう・・・

P7220215

「甘さ」ってやっぱり豊かさなんだと思う。調味料のたぐいもそうだが、人が「甘さ」に求めた執念の歴史は凄まじいものに感じる。そしてこの商品が税込138円で購入できる、この国においてほとんど全ての人間がこの甘さを享受できる幸せ。それはまさに豊かさであり、ニッポンバンザイ!系のテレビ番組などは即刻チェンジしてしまう私だが、デフレデフレといいながらコスパの果てにこういった商品を作り上げてしまうこの国、なんだか底しれねえな、と一人ごちる深夜のオジサンであった。

なんだかスケールがよくわからない話になってしまい失敬失敬。しかしながらこちらの「あずき練乳氷」自信をもって諸兄にオススメいたす。武士かよ。って感じでシメ!

シャクシャクシャク・・・・!!

ゴッソサン!!!