「おめでとう!?何ヶ月?」と、彼女は言った[レビュー]フリーズドライ ごろっと野菜入り スープカレー【セブンプレミアム 】

ご協力お願いいたします!

「妊娠はしていない」と僕は答えた。

「ふーん」と彼女は言った「だったらそのお腹に入っているものはなんなの?」

「フロンティアスピリット、あるいは労働者階級の豊かさの示唆、かな」

今度は彼女はなにも答えずに、「ろくでなしBLUES」の舌を出すポーズをした。

いつだって真実は大事なときに届かない。答えは風に吹かれて気がつけば隣町に届きそうな勢いで空に舞い上がっていた。やれやれ。

【炭水化物を控えている方へ!】

DSC_0589

やれやれ、じゃないよバカ!

当方ジャンクフードボーイを名乗っているものの中の人はバッキバキのアラフォーであり、メタボ予備軍のプルプルボディ。特にこのブログを始めた2ヶ月前にくらべ体型の変化は顕著で食生活的にはあまり変化はないはずなのだが、やはり「あ、このタイミングでカップラーメン食える!」という貪欲さが私を完全にムッチリモッチリメカへと変貌させているのだ。

うーんこのままでは健康を害し、思いもよらぬ病に犯されるやもしれぬ。イカン、イカンぞと一念発起した私がチョイスしたのはコチラ!DSC_0590

私は以前某大手フリーズドライ食品メーカーのお仕事をさせていただいたことがあり、その時見せていただいたフリーズドライ技術の凄まじさにいたく感動したのだ。その当時はまだフリーズドライ食品がコンビニの店頭に並ぶ時代ではなく、通信販売の健康食品的な扱いであったが、いまや普通のコンビニに並び、カップラーメンの具材としてもラーメン進化に大きな貢献をしている。

その技術+セブンイレブンの味、こりゃどんなもんだい?と思っていたのだが他に食べたいものもいっぱいあり、後手後手に・・・・この度ちょっとダイエットを意識したエントリを書こうと思ったところでマンを持してのご登場である!

なにせこちら1食あたり86kcal。お値段は178円 (税込:192円)と、レトルトカレーのほうが安くない?という諸兄もいらっしゃるだろうがさにあらず、こちらの湯戻し過程をご覧いただきたい。

開封!カップにゴロリ!

ここで、出逢える。ずっと一緒にいたい人。[18歳以上]

DSC_0595

なんというかミッチリである。カチカチ、カリカリのブロック状だが色鮮やかな南米文化を思わせるべっぴんさん。熱湯を180mlかけ、1分待ち!

DSC_0598

DSC_0603

非常にリアル。リアルというのもおかしいが生っぽさをもってよみがえるオクラちゃん!他のお野菜も次々と眠りから覚め彩りが蘇っていく・・・!

DSC_0608

完成品はこんな感じ!では早速実食!!!!

ジュルッッッ!ズル・・・フゥ・・・ジュル・・ズルッズルッッ・・ズルッッ・・!!!

結構辛っっっ!!!

いやいや結構本格的、スパイシーな辛さである。そういえば北海道でスープカレーをいただいた時も結構な辛さだったなぁ・・・北国で暖をとるために開発されたかどうかは知らんがなかなかのヒリヒリ感である。そして野菜!これは文句なし!いわゆるレトルトものではこの野菜の再現は不可能だろう。まあ冷食なら可能かもしれないがお湯をかけて1分でこのクオリティにたどり着くのはフリーズドライ以外はありえない。

こちらの商品の一番の魅力はこの「お手軽さ」場所を選ばない調理方法にある。レトルトも冷食も電子レンジの使用は必須であり、さらにお湯を沸かしたり鍋を用意する必要がある場合が多い。実際の生活のなか、特にお勤めの方が食事のコントロールをする場合にはこの「お手軽さ」が大きな武器、継続が必須なダイエット生活にはピッタリな商品なのだ!

まじめに恋人探すならココ[18歳以上]

こちら少量ながらもお米も入っており腹持ちもなかなか・・・と言いたいところだが・・・・

カレーのスパイシーな感じでなんだか食欲がモリモリ出てくる気が・・!

まーぶっちゃけ私はコレ単品ではさすがに物足りない。健康な男子の場合はコチラにおにぎりや、炭水化物を避けるならサラダチキンなどを組み合わせるとバランスがとれて良いのではないだろうか。

サラダチキン 198円(税込213円)+スープカレー 178円 (税込:192円)=376円(税込405円)でお財布にも優しいし、カロリー的にもパーフェクト。

女性ならばスープカレー単品でも十分!大きめのカップとポットのお湯さえあればすぐにいただけるお手軽ダイエットフード、ぜひ一度お試しあれ。

ズズズッッ・・ズルッッ・・・ハムッッ・・・・ズルルッッ!!!!

ゴッソサン!!!