[レビュー]【バーガーキング】BIG KING5.0

ご協力お願いいたします!

「What do they call a Whopper」(じゃあ、ワッパーはなんて呼ぶんだ?)
「I dunno, I didn’t go into a BurgerKing.」(バーガーキングには行かなかったからわからない)

映画「パルプ・フィクション」でジョン・トラボルタとサミュエル・L・ジャクソンがフランスとアメリカでハンバーガーの呼び方が違うという話をするシーン。「パルプ・フィクション」は1994年に公開、バーガーキングの日本上陸は1993年である。東京育ちの私はバーガーキングとワッパーを知っていた。しかし時はハンバーガー=マクドナルド時代。このように普通の会話に出てくるメジャーブランドという認識はなかった。

あれから20数年、永遠のライバル達は未だに戦っている。大豪院邪鬼と聖紆塵(ゼウス)のように・・・
我ながらナンノコッチャと思うが要はコイツである。

「こっちのビッグは、大きいだけじゃない」
完全にマクドナルドの「ギガビッグマック」「グランドビッグマック」への挑戦状である。「グランドビッグマック」に関しては当サイトにて書かせていただいた。
やはり両方食べてみないことにはあまりに不公平。早くしないとキャンペーン終わっちゃうし!と、言うわけで休み時間にチャリンコでGO!

OI000117

???大きく貼ったポスターには違うキャンペーンが?すわ!もう終了か!!

すわ! とか言っちゃうくらいビビったが店内にはちゃんとありました。よかったーん。というわけでオーダー。
コカ・コーラMサイズを付けても付けなくても780円。このシステム変わってるよね・・?当然お供をお願いする。

よっしゃ来た!ようやくここでタイトルコール
今日の獲物は・・・コイツだ!!!

【バーガーキング】BIG KING5.0

ヘーイヨッシャッシャー!なんだかテンションがアガってしまうが私は実はワッパーファン。チャリンコ漕いでた時もウッキウキなのであった。ヘイヘーイビッグキングカマッッ!!

OI000092

はいキター!今回は大きさイメージのためスマホを横に置いてあります(大体iphoneと同サイズ)。マクドナルドの紙ケースも大仰だったがこちらは包み紙、ほぼこのままのサイズのバーガーに期待が高まる!

OI000097

いや〜ん・・・立ってる・・・!
イチイチ比較するようでアレだがマックのアレはハッキリ言ってヘナヘナ。ボリュームはあったがペタンと潰れていた。それに引き換えこの威風堂々とした佇まいはどうだ?
構造的にはビッグマックと同じパティ二段構えだ。
上段 フゥ〜〜!!

OI000099

下段 とろとろチーズ フゥ〜〜!!!!

OI000100

もう辛抱タマラン!いざ・・・実食!!!
はむぅっっっ!!!モシャッッ!!!モシャッッ!!!!
あー

ウッメェ!!

レタス瑞々しいぃ!!!
たまねぎシャキシャキぃ!!!
お肉ジューシィ!!!
チーズとろとろぉっっ!!!!

まあ予算の違いもあるし単純比較もどうかとは思うのだが、この対決言うまでもなくバーガーキングの圧勝である。まずやはり主役のビーフパティの力量がまるで違う。ベトベトしない適度な肉汁があふれ、食べやすさを損ねることなく肉の旨味を保っている。食べさし写真をアップするのはいかがかとも思ったが見てみて欲しい。

OI000102

しっかりとバーガーの厚み、断面を保っている。古きよきアメリカ開拓時代を思わせる、なんという力強さ(言うまでもなく全く知らない)。

レタス、たまねぎ、ピクルス、チーズのクオリティも断然上。バンズもまあ劣るということはなかろう。

ほぼ強制的についてくるコーラとの相性も当然抜群。企画側も「コーラと一緒に食べてくださいよ、ほらほら」という意図がハッキリ見え、もっしゃりと口の中にバーガーを含み、肉の後味をコーラで洗い流す食べ方は非常にグッド。イエス!キャプテンアメリカ!

モシャッッ・・モシャッ・・モシャッッッ・・ゴクッッゴクッッゴクッッ

・・・・プハァアアッッッ!!!

ワッパーファンとしては大満足!店舗数が少なく来店できる人も限られてくるとは思うが、機会があればぜひチャレンジを力強くオススメしたい。ビギナーは普通のワッパーでも十分かもしれない。血糖値の上昇か知らんが午後若干興奮気味になり仕事にならなかったので・・・

ゴッソサン!!!!