[レビュー]【エースコック】EDGE シゲキたりてるっちゃ? 鬼族ラムちゃんの電撃鬼シビ 辛みそラーメン

ご協力お願いいたします!

今日の獲物はこれだ!

「EDGE シゲキたりてるっちゃ? 鬼族ラムちゃんの電撃鬼シビ 辛みそラーメン」

DSC_0029.JPG
最近はこういうキャラコラボものが多いのか?
ラムちゃんねえ… 「うる星やつら」は微妙に世代ではないので思い入れ等はない。
鬼族?そうなんだ? ラムちゃんって鬼だったの?そういえば雷出してたような…?
雷様って鬼なのか?
気になったのでオッケーグーグル!

以下wikipediaより

宇宙人である鬼族が、地球侵略を仕掛ける。鬼族は圧倒的な技術力と軍事力を保有しており、武力で容易に地球を手に入れるのでは簡単過ぎて面白くない。そこで、鬼族代表と地球代表とが一騎打ちで戦い、地球代表が勝った場合、おとなしく帰り、地球代表が敗れた場合、地球を占領すると宣言した。その一騎打ちは、鬼族の伝統に従い『鬼ごっこ』で行われ、期限内に地球代表が鬼族代表の角を掴むと地球の勝ち、鬼族代表が逃げ切ると鬼族の勝ちというものである。
地球の命運を賭けた「鬼ごっこ」の地球代表に選ばれてしまった高校生の諸星あたるは、当初やる気がなかったものの、恋人で幼なじみである三宅しのぶの色恋仕掛け(勝ったら、結婚してあげる)により、彼女と結ばれたいがために鬼族代表のラムを追いかけ始める。あたるがラムを追いかけつつ発した「勝って結婚じゃぁ〜」の一言は、あたるが恋人で幼なじみのしのぶを想っての発言であったが、ラムは自分に求婚しているのだと勘違いし、それを受け入れてしまう。そのため、鬼ごっこには勝利、地球は侵略を免れるが、ラムは諸星家に住み着いてしまう。
かくして、恋多き男・あたるとラムの果てしなき鬼ごっこが始まる。そして、友引町はさまざまな災いや奇妙な出来事に巻き込まれていく。




うわー全然知らんかったわー!知ってた?
そういえば「ダーリン」言ってたなぁ〜 いかにもマンガっぽい設定だな〜こういうラブコメって今あるの?
なんか今のはもうちょっと現実寄りなような?

「恋人で幼なじみである三宅しのぶの色恋仕掛け(勝ったら、結婚してあげる)により、」

ここな。当時もなかったと思うが現在ではファンタジーですらないな。
わりとホラーの範疇である。

離婚率上昇。メンヘラ。少子化。貧困化。結婚をめぐる現状は厳しい。
もはや生活をシェアするサバイブ手段としての認識すら強めている現代社会。
さもしいのぅ。さもしいのぅ。

と独りごちながら開封。
先だって他のブログの方々のレビューを拝見したが相当な手強さらしい。

なぜかメーカーサイトがないのでアマゾン商品ページより商品紹介文を抜粋

鬼族ラムちゃんの「電撃」攻撃にちなんだシビれる辛みそラーメン! ポークや香辛野菜の旨み、味噌のコクを利かせたスープを激辛スパイスと激辛調味油で仕上げた辛みそ味。山椒のシビれ感と唐辛子の辛さがクセになるシゲキ的な味わい。具材に、シャキシャキとした食感のキャベツ、色調の良いねぎ、唐辛子を使用。

中には「激辛調味油」と「後入れ激辛スパイス」の二袋入り。

DSC_0027

やる気だねえ〜

熱湯投入・・・・5分経過

「激辛調味油」と「後入れ激辛スパイス」ともに迷わず全投入。
お前の本気を見せてみろ!!

DSC_0034

さて・・・実食!!!!

辛ッッれえッッッ!!!

前回のチリ系の辛さとは全く異なる辛さ!これは・・・一言で言えば「四川」!
花椒・八角・山椒・・・・ビリビリ来るぜっ!コイツはッッ!!!

じっとりと首周りから背中に汗が滴り落ちる。
ふううっ・・はむっ・・はむっ・・・

DSC_0036

たまに口に入るキャベツが一瞬の休憩所だ。だが当然あっというまに辛味の濁流に飲み込まれその余韻跡形もないッッ!

はあっ・・ズルッ・・はぁ・・ズジュル・・・ッッ

しかしっ・・味自体の破綻は少ないように思える。ただヤケクソに辛さを投入したものではなく四川系スープというしっかりとした軸が食するごとに伝わってくる。はあっはあっ・・はああっっ・・・!

そして徐々に慣れてきた・・・無遠慮に口内に進入する輪切り唐辛子も自然に受け入れ、粘膜とからみあう一時。

はあっ・・ズルッ・・・ズルルッッ・・はぁ・・はぁ・・はぁあ・・
ラムちゃん・・・っ・ はあっ・・ジュルッ・・ズズッズズッッ!!
あぁっ・・ジュルッ・ジュルッッ!!ズズズズッッッ!!!!

プハァアッッッ!!!!!

・・・・・
他所様のブログを散見したところ、こちらの商品すこぶる評判が悪い。
「辛すぎる」「二度と食べない」「ネタ商品」などなど。

自分のからするとやや早計すぎやしないか?と思う。
たしかにこの商品は「ネタ」である。
「驚き&やり過ぎ」「鬼シビ」など購入者を煽るコピーも満載だ。
だがその裏には「ネタだからって完成度の低いものは出せない」というエースコックのプライドを感じる。
最初のインパクトからしばらくの苦痛とも言えるヒリヒリ感。しかしそこを突き抜けるととろけるようなトリッピーな世界が待っている。

ひとくち食べて「ンマ〜〜イ!」なんていうチャイルドには用はないわよ。
恥辱の果てに、苦痛の向こう側に・・・さぁ・・
※杉本彩の声で

なんというか、エロい!
なんかこのラーメンエロかったです!!!
(頭皮からも大量の発汗が始まり室内なのにズブ濡れの姿で)

ゴッソサン!!!!